併用してはいけない薬

並んだ錠剤

レビトラ・シアリス・バイアグラにはそれぞれ服用方法があり、併用してはいけない薬などが存在します。
もともとは狭心症の薬として研究されていたバイアグラですが、開発途中で勃起を促す作用がある事がわかった為、急遽ED治療薬しての研究が始まりました。
まず、性交渉は運動と同じ効果があります。脈拍などが速くなるので、ある程度は心臓に負荷がかかります。
もし、狭心症や心臓に疾患を抱えている人がバイアグラを服用したい場合は、バイアグラの前にまず性交渉が可能なのか確かめておいた方が良いです。

そして、狭心症の治療薬である硝酸剤を服用している人には、バイアグラを服用する事は出来ません。
これらを併用して服用してしまうと、血圧が異常なまでに下がってしまいます。命に関わる場合もありますので、絶対に避けなければなりません。

勘違いされがちですが、バイアグラが心臓に何らかの影響を与えるわけではありません。併用する薬によって危険な状態になる場合があるのです。

副作用について

2種の薬

レビトラ・シアリス・バイアグラには服用する事で副作用が起こる場合があります。あくまで軽い症状ですので、気にする必要はないです。
バイアグラの代表的なのが、顔が熱くなったり、目が潤んだり充血したりといった副作用です。ですが、これは効果の表れのようなものです。
稀に、動機がめまい、頭痛などが起こる可能性がありますが、その確立は低いです。そして起きたとしても、しばらく経てば収まります。
もし収まらないようであれば、医者に診てもらうと良いです。頭痛薬ならバイアグラと併用しても大丈夫なので、辛いなら飲んで下さい。

副作用と書くと重く感じてしまうかもしれませんが、バイアグラを服用した際には上記のような症状は出るのが一般的です。
逆を言えば、このような副作用が起きなければバイアグラの効果が発揮出来ていないとも言えます。ですので、心配はいりません。

バイアグラの副作用詳細文などには、起こるであろう副作用が細かく書かれている事が多いですが、重く捉える必要はありません。

それぞれの違い

薬を出す

レビトラ・シアリス・バイアグラの三種類の違いを簡単に説明します。
まず、バイアグラは、世界で初めて販売されたED治療薬です。その長い歴史のお陰で、世界中の患者から厚い信頼と人気を得ています。
レビトラは、性質的に水に溶けるのが速いので三種類の中で効果が表れるのが速いと言われています。
シアリスは、上の二種類と比較すると徐々に効果を表すタイプです。速効性はありませんが、持続性があります。

それぞれの薬には、性交渉前に服用する際にベストな時間があります。バイアグラとレビトラは1時間前、シアリスは3時間前です。
シアリスは速効性がないので早めに服用した方が良いです。後からじわじわと聞いてきます。
それぞれが持続する時間についてですが、バイアグラとレビトラは最低でも5時間、シアリスは最大だと24時間以上の効果が期待出来ます。
そして、少量のお酒なら三種類とも併用して大丈夫です。あくまでリラックスする為ですので、量によっては逆効果になります。

三種類を比較してみると、バイアグラとレビトラは効果や持続性が似ています。速効性が欲しいのなら、この二種類を選ぶと良いです。
シアリスの魅力は、何と言ってもその持続性です。速効性がない為に遅れをとっているように思えますが、長距離ランナーのような安定感があります。
ED治療薬の服用を考えているなら、自分にはどのタイプの薬が合うのかよく考えてから決めると良いです。

カレンダー

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930